ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)

読み
ユニバーサルデザインタクシー
解説

ユニバーサルデザインタクシー(以下、UDタクシー)とは、小さいお子様をはじめ、お年寄りや体の不自由な方まで、どなたでもスムーズにご乗車できるように開発されたボックス型車両のことです。今までのタクシーと同じように手を挙げることで乗車ができ、低床・スライドドアにより、従来のセダン型車両より乗降性に優れています。

一番の特徴は、車椅子に乗ったまま乗降ができることです。後ろのハッチが開き、スロープが設置される形になっており、さらに、後部座席を前に折りたたむことで、十分なスペースを保つことができます。さらに、安全に固定もされますので、快適かつ安全に車いすのお客様をお送りすることができる次世代型タクシーです。

更に、裏技として、車いすを乗せない場合は、かなりの収納スペースがありますので、トランクなどの複数個の荷物を容易に乗せることができます。したがって、ご旅行などで、空港送迎など、非常に重宝しております。
収容人数は車いすを乗せない場合は通常タクシーと同じ4名様まで(乗務員を含まず)、車いす乗車時は3名様(車いす乗車の方含む)までご乗車いただけます。
日立自動車は福祉事業に力を入れていますので、今後はUD車両を導入していくことを検討しています。

カテゴリ

戻る

ページの先頭へ

日立自動車交通への募集はこちらから