タクシーメーター

読み
タクシーメーター
解説

タクシーの料金を管理するメーターの事。

日本のタクシー車両はメーター器を付けなければ営業ができないと義務付られています。

メーター器とはドライバーと助手席の間でお客様よりよく見える位置についているのが一般的です。

機能的には運転距離と所要時間を自動的に計算し料金を出してくれます、

現在は領収書兼レシートもこれに連動していて発行できます。

メーター器の正確性を保つために1年に一度検査も行われます、

タクシー会社やドライバーが操作できないように検査場で封もされますので、誤差などはほとんどないようです。

カテゴリ

戻る

ページの先頭へ

日立自動車交通への募集はこちらから