隔勤

読み
カクキン・カッキン
解説

隔日勤務の省略語で1日働いて、翌日が休みの一般的な勤務、勤務時間は大体14時間、休憩3.5時間、残業3.5時間で構成されている。

例:AM6:00出勤→帰庫(帰社)AM4:00、会社を出てから20時間後に会社に帰ってくるイメージ。月の出勤日数は12回(最大13回)、1日で2日分の仕事をするので一般の仕事で見ると月間24~26日出勤になります。

一般的には5日間をサイクルとして1日目と3日目に出勤し、5日目は完全に休み、2日目、4日目は仕事明けという形の休みになります。この5日間をサイクルとして回るので、土日祝日、盆暮れ正月も関係なく、営業し、公共交通としての使命を果たします。ちなみに、最近日曜祝日休みの会社が増えてきています。そのおかげで、日曜日はお客様も少ないですが、タクシーも少ないので売り上げは上がっております。

カテゴリ

戻る

ページの先頭へ

日立自動車交通への募集はこちらから