法人タクシー

読み
ホウジンタクシー
解説

個人タクシーに対して法人企業が所有するタクシーの事。

法人タクシー企業を設立するためには様々な条件があります。

タクシー営業車両が10台以上必要です。

タクシー車両を保管する車庫面積は10台以上が駐車できるスペースが必要です。

営業所と休憩仮眠室・車庫の距離が2キロ以内でなければなりません。

運行管理者及び整備管理者が必要です。

会社の運営資金で2,000万円以上の残高証明書の添付が必要です。

事業計画で中古車使用をし、人件費を低減すると1,500万円まで下げることが出来ます。

任意保険(物損 300万円以上、人損 2,000万円以上)の見積りが必要です。

以上の条件を満たし法人タクシーは成立します。

また上記は東京で法人タクシーの申請を行なう場合で、地方都市では条件が少し違います。

カテゴリ

戻る

ページの先頭へ

日立自動車交通への募集はこちらから